KANSAIウォーク2017第1回「大阪エリア」15?完歩

 これって産経新聞社主催だったのね。LIONカラーが全面に出ているから勘違いしてた。ま、15?を完歩するのが目的だからどっちでもいいか。

 しかしまあ、暑かったのなんの。9時30分の出発時点で、外気温34度湿度47%と主催者発表があって、よりによってこんな猛暑日に久方ぶりの長距離ウォークに参加するなんて、と、自嘲しながらも、劣悪な労働環境下でボロボロになってしまった可哀想な私の二の足・二の脚を健康的に鍛え治さなきゃと、一歩一歩を踏み出した。

 今回は、「幕末の息吹が感じられるコース」と冠した通り、緒方洪庵適塾大村益次郎福澤諭吉五代友厚、等々、大学で専攻していた近世・近代史がよみがえる。図書館勤務しながら日本近世史の研究を続けられたらなあ、なんて夢見ていた頃。そして、学生時代のアルバイト先の大阪府庁(埋蔵土器洗い・保母資格試験)・中之島公会堂(塾統一試験)や、病院図書館勤務の頃の研修会場やら、懐かしい建物がいっぱい。川風涼しい土佐堀川堂島川、花火大会の思い出深い大川。スタート・ゴールが大阪城天守閣前というのもうーんと懐かしい。学生の頃のデートコース。(笑)

 昼食は、靭公園で11時前にとって、ゴールは13時前。ちょっとのんびり過ぎたかな。でも、足の裏に豆をこさえて、もうヨレヨレでした。飲料は主催者から提供されたミライズと凍らせて持参した塩仕立てのピンクグレープフルーツとサンドイッチと一緒に買ったトロピカーナオレンジと帰路大阪城公園駅で買ったソルティライチの計4本。小腹が空いた時はこれも持参した完熟王バナナ2本。

 先日のウォーキング講座の帰りにイズミヤで買った帽子は日射し対策に効果的だったけど、Tシャツの首周りはまっかっか。両腕は指先までまんぱんにはれるし、汗による塩粒で砂を被ったようにザラザラ。でも、それもまた愉し。

 私のウォーキング、次回は7月8日(土)です。