水野しずさんの例の芋ようかんの件、すご

水野しずさんの例の芋ようかんの件、すごく参考になります。コミュニケーションを強要されたとき、僕はお互いに共有されている文脈が前提となっていることが気持ち悪かったのですが、相手が強要している文脈はあくまで相手側のものでしかなく、それを逆説的に利用して相手を追い詰めていて痛快です。